運転代行・タクシーimage01 運転代行・タクシーimage02 運転代行・タクシーimage03

意外と知られていない?

運転代行、それはAさんという人がいたら、その人の代わりに車などの運転を「変わっておこなう」ということである。
一般的に言われているのが、飲酒してしまった場合の車の運転代行をお願いするといったサービスではないでしょうか?

このようなサービスの場合、運転代行業者のスタッフがお客さんの車を運転していく、というものなのか?というと「代行車」などを使っておきゃくさんを送り届けることが多かったりします。
その場合はタクシーのような乗用車が選ばれたりするのですが、タクシー業者も昨今では「運転代行サービス」をおこなっているところが多いと言われています。

最近でこそ、このサービスは主流であり普及して来ましたが、ここまでになったには「飲酒運転」などの多くの事故が関係していると言います。
タクシーなどを使って帰っていれば、お酒などを飲んでいなければ、そういった悲しい事故はおきなかったのかもしれません。
こういった事故は加害者側も被害者側もとても悲しいし、残念な気持ちを抱いてしまう悲しい事故です。
防げるなら防ぎたい、そういう気持ちが多かったからこそ自動車運転代行というサービスが認められ、飲酒運転撲滅運動ができ、タクシー業界なども運転代行のサービスに取り組んできているのではないでしょうか?
ここではタクシー業者をはじめとした「運転代行」というものについて述べて行きたいと思います。

まず、絶対にしてはいけないのが「飲んだのに運転した」ということです。確かに、ふとした瞬間にお酒を飲んでしまう場合だってあるでしょう。お仕事の関係などで断れなかったとか。そんな時はもう飲んでしまったんだから運転はしない、車もその場に置いて帰る!とこういった取り決めをしっかりしないといけません。
もしもそれが守れないのであれば、その時点で残念ながらお酒を飲む資格が無いということだと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加